【卓球】平均重量シリーズ最多の386種類!最も軽いシェークハンドラケットは?

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

用具レビュー・用具考察

1.はじめに

これまで3回にわたり各メーカーで販売しているラケットの平均重量に関してランキング形式でお知らせしました。

今回はラストとなる第4弾として、シェークハンドラケットの各メーカーのカタログ表記の平均重量を比較してみましたので、興味のある方は参考までにご覧ください。

シェークハンドラケットについては、日本国内で販売網があるメーカーは全てシェークハンドラケットを販売しており、14社の販売が確認できました。(2023年9月末現在)

シェークハンドラケットは、重量にシビアなペンホルダーラケットほどは軽さにこだわるプレーヤーは多くはないと思いますが、参考までに掲載しますので興味のある方はご覧ください。

今回は、平均重量70g以下のラケットが21本ありましたので、「軽いラケットベスト21」の形式でご紹介します。

2.比較に当たっての留意点

(1)比較したメーカーについて

日本式ペンを販売しているメーカー数:12社

  • バタフライ
  • ニッタク
  • ヴィクタス
  • ヤサカ
  • ジュイック
  • ダーカー
  • TIBHAR
  • XIOM
  • アバロックス
  • アンドロ
  • キラースピン
  • TWC

今回は、日本語を使用したカタログが存在するメーカー又はHPでラケットの平均重量が確認できるメーカー12社を比較対象としました。

なお、ドニック及びダーカーは、平均重量の記載がないので対象外となっています。

(2)平均重量の表記方法について

各メーカーの平均重量の表示方法は微妙に異なりますが、同一の数値と見なして比較していますのでご了承ください。

今回は、ラージ用ラケット及び特殊グリップ(テナリー:ニッタク)についても、シェークハンドラケットとみなして比較対象にしています。

【表示例ケット平均重量が80gの場合)】
バタフライ:平均重量80g
ジュイック:重量80±5

(3)用具レビューではありません

今回の比較は、ネット上で確認ができるカタログやHP掲載の平均重量をまとめて比較しています。実際には使用した経験のない用具がほとんどです。よって、掲載した用具をおすすめしているわけではありません。用具の使用感や良し悪しについては一切述べていませんのでご理解いただいた上で、参考程度にご覧ください。

3.軽いシェークハンドラケットランキング(11~21位)

平均重量70g(10本)、68g(2本)を列挙します。

第21位(平均重量:70g10

  • エアロOFF(AERO OFF)(ジュイック)7,920円(税込み)
  • エアロOFF-(AERO OFF-)(ジュイック)7,920円(税込み)
  • エアロALL(AERO ALL)(ジュイック)7,920円(税込み)
  • グランドマスター(Dr.Neubauer)15,400円(税込み)
  • ハイテク サイプレス カーボン(Dr.Neubauer)22,680円(税込み)
  • TP_LIGNA ALL(アンドロ)18,700円(税込み)
  • ブラックバルサ 7.0(ヴィクタス)9,240円(税込み)
  • カナルディカーボン(ニッタク)7、480円(税込み)
  • ホープスタープリンスⅡ(ヤサカ)5,060円(税込み)
  • ホープスタープリンセスⅡ(ヤサカ)5,060円(税込み)

第11位(平均重量:68g/2本)

  • ブルドッグ(ジュイック) 10,890円(税込み)
  • KANTER FO OFF(アンドロ) 12,100円(税込み)

4.軽いシェークハンドラケットランキング(9位)

平均重量65gが、5本がランクインしました。

第9位(平均重量:65g)

ファイアーウォールプラス(Dr.Neubauer)13,200円(税込み)

ブロックも攻撃も、という欲張りな選手に。
特に、裏ラバーあるいは表ラバーでの攻撃で、そのダイナミックなパワーを発揮します。中心材であるバルサが、強打、或いはループドライブの際も、コントロールを与えます。
守りの場面でも、その柔らかいボールタッチが、プレーの安定性を生み出します。もちろん、攻撃的なプッシュなどでの、粒高効果も折り紙付きです。
軽くて跳んで、回転がかかる。ラージ卓球にも理想的なラケットです。

参照元:ジュイックHP

タイタン(Dr.Neubauer)64,680円(税込み)

―コントロールを極めるあなたへ―
ラケット職人の特許製法による手作りであるこのラケットは、さらに、コントロール性を重視して作られた。バック面は、より安定性を重視。
異質系ラバーを駆使して、相手を、幻惑していく選手に有効なラケットである。また、グリップにはマイナスとなる振動(響き)を抑える工夫もしてある。

参照元:ジュイックHP


バーサル(ヴィクタス)9,240円(税込み)

超軽量高速スイングラケット
6mm厚の超軽量バルサ材を使用し、厚い板厚ながらも軽量化を実現。また、グリップに内蔵されたスポンジが心地良い打球感を生む。

参照元:ヴィクタスHP

ブラックバルサ 5.0(ヴィクタス)9,240円(税込み)

バランスに加えられた「軽さ」という武器
軽量のバルサ材を中芯に5mmの厚さで使用。
あらゆるプレーに安定感を発揮するオールラウンドラケット。

参照元:ヴィクタスHP

カナルディ2(ニッタク)5,280円(税込み)

未来のスターへ☆
コンパクトで振り切りやすいブレードとグリップ形状。
ラバーを貼っても総重量が抑えられるように設計しています。軽量で扱いやすいので、子どもからお年寄りまで、幅広い世代の方にお使いいただけます。

参照元:ニッタクHP

5.軽いシェークハンドラケットランキング(1位~4位)

第4位(平均重量:62g)

ブラックバルサ 3.0(ヴィクタス)9,240円(税込み)

「軽さ」が生み出す未体験の「重い」カット
板厚を薄くすることによりしなりのある打球感で安定したカットプレーを実現。粘り強さを武器とするカットマンに最適な1本。

参照元:ヴィクタスHP

第3位(平均重量:60g/2本)

ハイテクノロジープラス(Dr.Neubauer)23,430円(税込み)

エレガントでかつ実用的なラケット
バルサ材と中芯に使用し、これを木製テープでガード、グリップも細目で手に優しいよう、滑らかに仕上げてある。

ブロックもしやすく、表ラバーや異質ラバーでのプッシュ・軽打・カウンターに効果がある。また<決めに行く>ドライブやスマッシュの場面では、十分なパワーを発揮します。エレガントでかつ、実用的なラケットだ。

リンク

参照元:ジュイックHP

ライトネス(ヴィクタス)7,920円(税込み)

超軽量で楽々コントロール
平均重量60gという超軽量で、小さな子供や女性選手でも安定したスイングとラケットコントロールが可能に。

参照元:ヴィクタスHP

第1位(平均重量:52g)

バリケードディフェンシブ(Dr.Neubauer)17,930円(税込み)

ショートマン・カットマンに最大級の異質効果を。
このラケットは、後陣カット型、あるいは、短いショートを有効に使用する選手向けに作りだされた。特に粒高を使用し、スローペースかつ、最大限のスピン反転効果を求める選手に最適だ。

“コントロール””異質効果”という、本来相反する要素を両立させるこのラケットは、攻守の様々な場面で、その優位性を発揮する。手にフィットするコルクを使用したグリップも注目だ。

参照元:ジュイックHP

6.まとめ

いいがだったでしょうか?

1位は、個人的には信じがたいほどの軽量ラケットでした。

軽量に設計されたシェークハンドラケットは、守備的なラケットやジュニア向けのラケットが多い印象がありました。

また、天下のバタフライのラケットが1本もランクインしておらず、個人的には軽量ラケットにはあまり力を入れていない印象を受けました。

やはり攻撃力を重視したラケットは、重量が重くなる傾向にあるようです。

今回は、各メーカーのラケット平均重量をまとめたので、みなさまにも共有できればと考えて掲載いたしましたが、興味のあるラケットがありましたら個別に確認いただければと思います。

シェークハンドラケットで確認できた平均ラケット重量リストについては、あまりにも数が多いので、別ページに掲載しておきます。もし興味がありましたら参考程度にご覧いただければと思います。

以上、みなさまの参考になれば幸いです。

コメント

PVランキングも参加しています!

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました